ぐるっと郡山
 
  • 検索

ご祈祷・諸祈願等

◆ご祈祷申し込み
◆ご祈祷申し込み
はじめ授与所にてご祈祷の申し込み用紙に記入され、
初穂料(お一人様5,000円以上)とともにお納めください。
その後、神社へ昇殿いただき、神前祈祷をいたします。

出張祭典や団体でのご祈祷は、
社務所(024-932-1145)へご予約下さい。

※1月1日から1月7日までと2月節分の日は、祈祷受付場所が拝殿に変わります。
◆厄 祓・大 祓
◆厄 祓・大 祓
【厄 祓】
厄年にあたっている人は、おおむねお正月から節分までに厄祓を受けます。
神社では数え年で人生儀礼を行います。
生まれた時点で1歳となり、お正月を迎えるごとに年をとっていきます。

【大 祓】
2月節分と7月31日に大祓人形祭を行います。
氏子崇敬者に紙の人形をお配りします。
人形に息を吹きかけ体を撫でて罪をうつします。
◆どんど焼き
◆どんど焼き
(1月7日)
お神札やしめ飾りなどを、社頭にてお焚き上げします。
午前9時から午後7時まで境内で行われます。
環境を配慮され、ビニール・プラスチック類はお取り外しの上ご持参願います。
袋などもお持ち帰り下さい
◆豆まき
◆豆まき
2月節分午後5時、6時、7時の3回豆まき祈祷を行います。
各回先着25名までとさせていただきます。
年男年女、厄年の方はじめ、豆まき祈祷へどうぞご参加下さい。
初穂料は7千円です。
◆参拝の心得等
◆参拝の心得等
【参拝の作法】
清らかな気持ちで、感謝や祈念をこめて2礼2拍手1礼の作法で参拝します。

【新年祈祷】
新年を迎え、1年の商売繁盛や家内安全などのご祈祷を受けるといっそうの御利益があります。

【喪の心得】
服喪期間の目安は、親・子・配偶者50日、祖父母30日、兄弟、叔父叔母20日 従姉妹5日です。
服喪期間にお正月がきた場合、旧暦の正月や節分にお正月をお迎えします。



【神葬祭】
日の本に生まれ出にし益人(ますびと)は神より出でて神に入るなり神々の子孫として生まれた
私たちは、一生を終えるとふたたび神々の鎮まり坐す高天原へ帰っていきます。
霊(みたま)は滅びず、子孫の繁栄を見守り、子孫からのお祭りを受けます。