ぐるっと郡山
 
  • 検索

献血の流れ

1 献血受付
1 献血受付
「献血前にお読みください」及び「献血の同意説明書」の内容をご理解いただき、内容について同意をされたうえで、献血にお申込みいただきます。
※安全で責任ある献血をお願いするために身分証明書などの提示をお願いし、本人確認を実施しています。
2 質問への回答 / 問診及び血圧測定
2 質問への回答 / 問診及び血圧測定
質問への回答
献血される方の安全を守り、また、患者さんが安心して輸血を受けられるよう、献血いただく方の健康状態を伺うため、質問に回答していただきます。

問診及び血圧測定
回答いただいた内容に基づき、医師による問診と血圧測定を行います。なお、問診内容のプライバシーは厳守されますので、正確にお答えください。
3 ヘモグロビン濃度測定、血液型事前判定 / 採血
3 ヘモグロビン濃度測定、血液型事前判定 / 採血
ヘモグロビン濃度測定、血液型事前判定
ヘモグロビン濃度が採血基準を満たしているかの測定と血液型の事前確認などを行います。成分献血の場合は、血小板数の測定も行います。
※ヨード過敏症といわれたり、ヨードによるアレルギー症状を起こされたことのある方は、消毒液を変更しますので、事前にお申し出ください。

採血
採血ベッドに横になり採血を開始します。採血時間は、全血献血で10~15分程度、成分献血は採血量に応じて40-90分程度時間がかかります。
※使用される採血針や採血バッグは、一人ひとり新しい物を使用しています。
4 休憩 / 献血カード受取
4 休憩 / 献血カード受取
休憩
採血後には、休憩・待合室で十分に水分補給していただき、少なくとも10分以上は休憩してください。また、トイレに行く場合にも、十分休んでからお願いします。

献血カード受取
献血カードをお渡しします。献血カードの裏面には次回献血可能日など印字されていますので、ご確認ください。
5 献血後の注意
5 献血後の注意
献血後、ごく稀に急な血圧変化により気分不良になる場合があります。トイレや階段・戸外での歩行などには特に注意してください。気分が悪くなった場合や、針を刺した場合に痛み、しびれなどが残る場合は、すぐに職員(あるいは血液センター)にお知らせください。また、お渡しする「献血後の過ごし方」の記載事項についてご注意ください。