ぐるっと郡山
 
  • 検索

液体ガラスコーティング・トイレコーティング

  
施工施設:イオンモールいわき小名浜店様

◆液体ガラス・トイレコーティング
FLUID GLASS SEAL SYSTEM

■液体ガラスとは
液体化され私たちの生活領域で硬化するガラスは、テレビ番組等でも何度か報道され、材質内に浸透し常温でガラスを生成させる「液体ガラス」「液状ガラス」と紹介されています。このようなマスコミ報道で「液体ガラス」(液状ガラス)という言葉が一般に使われるようになりました。

公共事業にも採用され社会的認知が進んでおりますが、いまだ水ガラス系改質剤と言う方もおります。しかし、水ガラスの硬化反応とは根本的に違い、「液体ガラス」(液状ガラス)は硬化することで、安定したガラス物質が生成されます。



また、コンクリートの状態にもよりますが、データから200年から800年持つコンクリートに生まれ変わります。施工法によりひび割れないコンクリートを作ることも可能です。

■液体ガラスの特徴
液体ガラスはガラス物質【glass material】が原料の水溶液で、コンクリート等の多孔質材料に浸透し、それらの内部に存在するミネラルイオンと化学反応し、浸透部及び表面にガラス物質を析出します。



■施工箇所・施設
学校、幼稚園、役場、集合施設、介護施設などのトイレや風呂