ぐるっと郡山
 
  • 検索

お食い初め

「お食い初め」とは
赤ちゃんの生後100日目に、初めて食べ物を与える儀式です。子どもの成長を祝うと共に、子どもが一生食べ物に困らないよう願いを込めて行います。
 
 
お食い初め膳(鯛付き) 3,000円
赤色がめでたいとして、お祝いごとには欠かせない魚です。日本では古くから、お祝いの席で食されています。
お吸い物
「吸う力が強くなる様」にという意味が込められています。
煮物
食材は地域によって様々で、例えばレンコンは、穴が沢山あいていることから「先を見通す力が持てるように」という意味が込められています。その他に旬の食材を使用しております。
香の物
季節の野菜を使用した、香の物や酢の物など。
果物
季節の旬の果物を使用します。
歯固めの石
赤ちゃんに丈夫な歯が生える様にと願いが込められています。福石は、お宮参りの際に産土神社で頂くのが一番良いですが、近所の川原などにあるものでも構いません。
食べさせ役は年長者に
食べさせる真似をする方は、「養い親」が行います。長寿にあやかるという意味から、身内で最年長の人が行うことになっています。
最近では、祖父母に頼む方がほとんどのようです。男の子は男性、女の子は女性が自分の膝の上に赤ちゃんをのせて食べさせる真似をします。