お気に入り

カート

メルマガ

シェア

宿泊一覧

葛尾村エリア 宿泊・観光

郡山市近郊の観光スポットや遊び場、宿泊施設の情報を掲載!実は郡山の周りには猪苗代湖に開成山公園、高柴デコ屋敷、郡山布引風の高原などなど。大人はもちろん、子供連れのご家族でも楽しむ場所が盛り沢山なんです。また、駅前を中心にホテルなどの宿泊施設もございます。
宿泊・観光の検索結果:5件見つかりました
レポPR
を押すとお店のレポートや特別なPRが表示されます。
レポPRを押すとお店のレポートや特別なPRが表示されます。
心の奥から、やさしいせせらぎが聴こえてきます。
心の奥から、やさしいせせらぎが聴こえてきます。
葛尾村で唯一の宿泊施設と入浴施設です。県道50号線からせせらぎ荘の大きな看板を目印に曲がって約300メートルの坂を登った先にあります。館内はとても静かな環境にあり、外から聞こえてくる人工的な音はほとんどありません。日帰り入浴に時間制限は設けていないので、時間を気にすることもなくゆっくり過ごすこともできます。
小さな売店でお菓子やお土産品・アイスなどの販売をしていますが、館内で食事の提供はしておりませんので、ご注意ください。(お食事を希望のお客様へは、近くの食堂をご案内しております)

 福島県双葉郡葛尾村落合字菅ノ又6番地5

 0240-37-4800

  • クチコミ
  • クーポン
  • ネット販売
  • WEB予約
葛尾の伝統を継承し、みんなで居場所をつくる
葛尾の伝統を継承し、みんなで居場所をつくる
葛尾村復興交流館あぜりあ(以下「復興交流館」)は、2011年の原発事故による全村難を経験した葛尾村における、復興のシンボルとして整備されました。葛尾村は未だ帰村率は2割未満でコミュニティの衰退や若手世代の流出などの問題を抱えています。そこで、この交流館を拠点に村内のコミュニティを活性化させるとともに、村に訪れた人々の活動の拠点としての活用を目指しています。その結果、この施設で村内・外の人々の交流・新たな賑わいが生まれることを願っています。
復興交流館は、2018年4月末に完成し2018年5月から葛尾むらづくり公社で管理運営しています。

 福島県双葉郡葛尾村落合字落合20−1

 0240-23-7767

  • クチコミ
  • クーポン
  • ネット販売
  • WEB予約
葛尾村の歴史を学ぶ
葛尾村の歴史を学ぶ
養蚕業の移り変わりをたどる「絹の部屋」、林業労働者の苦労をしのぶ「杣(そま)の部屋」、全国的にも貴重な延鉄専業鍛冶集団の資料を集めた展示室などがああります。
【葛尾村郷土文化保存伝習館】

 福島県双葉郡葛尾村落合字落合11

 0240-29-2008

  • クチコミ
  • クーポン
  • ネット販売
  • WEB予約
葛尾村の文化遺産を巡る
  • 葛尾村エリア
  • 観光スポット

磯前神社 取材ページ|葛尾村の観光

  • 葛尾村エリア
  • 観光スポット

磯前神社 取材ページ|葛尾村の観光

葛尾村の文化遺産を巡る
【村指定有形文化財】
1522年(大永2年)に勧請。従前は薬師如来の祭祀でしたが「大国主命・言代主命」を祀ります。1869年(明治2年)神社法の改正により「磯前神社」となったため、屋根には宝珠、欄間の彫刻には狛犬がみられます。内部には1864年(文久3年)、1882年(明治15年)などと明記された彩色奉納絵馬が残ります。

 福島県双葉郡葛尾村葛尾関場100

 0240-29-2008

  • クチコミ
  • クーポン
  • ネット販売
  • WEB予約
江戸時代に葛尾の地で巨大な富を築いた松本三九郎一族の邸宅跡
江戸時代に葛尾の地で巨大な富を築いた松本三九郎一族の邸宅跡
藤原氏の流れを汲み、信州葛尾城主だったと伝えられる松本勘ヶ由介の孫、松本好倉が初代の松本三九郎と目されますが、生糸や製鉄業などで巨大な富を築き、「葛尾大尽」と呼ばれるようになりました。
最盛期の江戸時代中頃には、近隣の三春藩を始め、相馬藩や棚倉藩に大金を献上すると同時に、多額の金を貸し付け、藩財政の一部に介入し、山林伐採・酒造米買い入れ・塩などの商売の独占権を得ていたと言われています。

 福島県双葉郡葛尾村葛尾敷井畑109

 0240-29-2008

  • クチコミ
  • クーポン
  • ネット販売
  • WEB予約