郡山市の漢方薬・健康相談|大学堂薬局 【清水台・虎丸・長者エリア】

Tel:024-922-2143

優しい先生に気軽に健康相談ができちゃう!◇漢方の大学堂薬局◇

郡山市の漢方薬・健康相談|大学堂薬局 【清水台・虎丸・長者エリア】

Tel:024-922-2143

詳細情報

■名称
郡山市の漢方薬・健康相談|大学堂薬局
■フリガナ
ダイガクドウヤッキョク
■住所
〒963-8876
福島県郡山市麓山1-11-1
■TEL
024-922-2143
お問合せの際に「ぐるっと郡山を見た」とお伝えいただくとスムーズです
■公式サイト
http://www.daigaku-dou.com/index.html
■E-mail
お問い合わせはこちら
■営業時間
月~土 9:00~20:00
日・祝日 11:00~19:00
■駐車場
9台(店舗前・店舗裏手)
■漢方相談について
漢方相談は5分以内の相談は無料ですが、5分以上の相談の場合に限り、初回のみ有料(3,000円)とさせて頂いております。
■ご予約電話等について
当ホームページに記載している電話番号はお客様のご予約専用ダイヤルです。
勧誘等の電話が掛かりますと、お客様からの電話を受けることもできなくなり、接客業務の妨げとなりますので営業・セールス・勧誘を目的とするお電話は一切お断り申し上げます。
■備考
エキテンはコチラ

 

お悩みの症状

不妊について

不妊について

当局には日々、子宝相談にいらっしゃるお客様が多数いらっしゃいます。
最近では晩婚化の影響もあり30代後半~40代後半のご夫婦の相談が多くなってきております。

原因別としては、
【女性】低体温/ホルモン分泌低下/卵子の発育不全/子宮内膜の未熟/黄体期の不全/生理不順/子宮内膜症/極度の冷え性/高齢による影響など
【男性】精子の運動量の低下/精子量の減少/奇形率の上昇など
ご夫婦共にストレスが原因の場合もございます。

動物由来の漢方、機能性食品(体調を整える効果をもつとされる加工食品であり、パワー漢方、パワー食品とも呼ばれます)などを提案すると共に、現代科学が生んだ周期調整法、ピンポイント療法(弱点克服療法)などを用いる事によって妊娠力、生殖力を共に活性化していきます。

妊娠例多数ですので、ぜひご相談下さい。

免疫力について

免疫力について

がんをはじめ、各種免疫不全や難病は免疫不全によって引き起こされます。

免疫力は15歳前後にピークになり、その後はゆるやかに低下していきます。ピーク時と比べて40代では10分の1、60代では20分の1になると言われています。よって、免疫低下による疾患は40代以降に発生することが多いです。 

健康な内は気にならなくとも、いざ身体が弱ってくると免疫力の低下を顕著に感じるようになってきます。  

東洋医学は免疫力を高めることに長けており、当局では特に強力に免疫力を活性化する商品を多数取り揃えております。我々は親身なご相談を通して状態を把握し、専門知識を生かしてお客様の健康回復に寄与してまいります。

ストレスについて

ストレスについて

現代は高ストレス社会と呼ばれており、年々ストレスの度合いは高まっていると思われます。
原因としては人間関係の希薄化や、ITの発達によるオートメーションなど、人間味よりも合理的を重視する社会背景が挙げられます。 

ストレスは個人によって耐性が異なり、強い方もいれば過敏な方もいらっしゃいます。 適度なストレスは身体にとって良い作用になるのですが、強いストレスや継続的なストレスは心身に強いダメージをもたらします。
 
当局では、このようなストレスからくる病気(うつ病や自律神経失調症、慢性的な不眠、脳の機能低下など)を専門的な観点から紐解き、お客様の心のメンテナンスを致します。

漢方薬は病院で処方されるお薬とは異なります。症状を抑え込むのではなく、ストレスの耐性能力を高める作用があります。今まで諦めていた方にもご相談頂きたいです。

滋養強壮・精力強化について

滋養強壮・精力強化について

日本人はよく働く人種と言われており、オーバーワークを余儀無くされている方も多くいらっしゃいます。
年齢と共にホルモンや筋骨、内臓の機能低下、睡眠障害、運動不足などにより、疲労が蓄積しやすくなります。
 
疲労は様々な原因で起こりえるので、特に慢性化した疲労を抱えている方は放置せず、お早めにご相談下さい。

当局ではホルモン剤をはじめ、各種漢方由来の動物製品、パワー食品、総合栄養剤など、効果をいち早く体感できる商品を数多く取り揃えております。

皮膚病にについて

皮膚病にについて

風が強くて四季がはっきりとしている郡山の気候に、皮膚が順応できない方が多くいらっしゃいます。
全身の皮膚は粘膜というバリアでおおわれており、バリア(粘膜)が寒、乾燥、湿度で皮膚の安定感が失われます。
夏や乾燥する秋は病状が悪化する方が多い傾向があります。

個人個人原因が異なるので、各々の体質や環境にあった漢方が有効です。
専門知識豊富な相談員が、環境や食生活などを考慮させて頂き、最適な漢方を選択してまいります。

症状:アトピー/掻痒/皮膚乾燥症/皮膚熱傷/じんましん/湿疹/皮膚免疫力低下などからくる皮膚の痒みや重篤なケロイドなど