• オノギ食品 通販ページ 郡山市の求人やグルメ、ランチ、居酒屋、幼稚園、美容室、ネイルサロンやエステ・住宅・不動産・パートアルバイト・イベント情報サイトです。

會津物語 Aizu monogatari

 
会津を誇る  ―地域愛、そのさきがけ―


会津には「こづゆ」という郷土料理がある。
慶事の際に各家庭で作られる、
貝柱の出汁をベースとした、貝沢山の醤油汁。

当時、「こづゆ」のような郷土料理は単なる家庭料理と卑下され、
外に出すものではないとされていた。

しかし、小野木社長は、愧じせずに胸を張った。
これが会津の、おれたちの、郷土料理だと、誇った。

そうして「こづゆ」を世に出した。
今から、二十年前の話だ。

こづゆ 通販ページはコチラ
 


 
みちしるべ  ―四者の幸せのために―

今から十数年前、「武者煎餅」を任せたいという話が舞い込んできた。
不況の煽りで一時期、店頭から姿を消していた、会津の伝統ある銘菓。

受けるべきか、断るべきか―。

その時、判断の決め手となったのが、
いつも我が身と共にあった、一冊の黒い手帳だった。
その中には、自分の経営人生の、その過程で、大切に耕し続けてきた、
心田(しんでん)があった、理念があった。

会津の食文化の伝承と創造を通して、四者満足、つまり、
お客様、社員、経営者、地域社会の幸せを目指す。

その経営理念をじっと見つめた。

ー受ける、と決めた。



 
会津に託され、感謝され  ―うれし泣き―

「武者煎餅」は多くの賛同者を得て、復刻された。
会津への恩返し―。
その真率な想いが、人を動かした。奮わせた。

―我が子のように可愛がってきた焼成機だ、どうか活かして欲しい。
前の製菓会社の職員は、そう言って社長の手を強く握った。

一度は「武者煎餅」の火を絶やしかけたその無念。
それを、一縷の望みび変えて「オノギ食品に託した。

―ありがとう、本当にありがとう。

「武者煎餅」を長年愛してきた方たちからは、
飾りのない喜びの声が、次々と寄せられた。

ものを売って感謝される。
それが嬉しくて、涙が溢れた。

武者煎餅 通販ページはコチラ
 

ショッピング Shopping