郡山市のアレルギー体質専門 整体院 アレルコア | アトピー、じんましん、慢性鼻炎など

郡山市のアレルギー体質専門 整体院 アレルコア | アトピー、じんましん、慢性鼻炎など 【大槻エリア】

Tel:024-954-9339

アレルコアは日本初のアレルギー専門の整体院です。理学療法の側面から症状を改善していきます。

じんましんとは

   

じんましんのこんな症状に悩まされていませんか?
 
・かゆみでイライラし、仕事や勉強が手につかない
・顔やまぶたにじんましんが出て、外出できない
・急な体温の変化によって症状が出るので、温泉やプールに入れない
・生理前にじんましんが出て辛い
・薬やサプリメントにあまり頼りたくない
・食べるものに気を遣うので外食できない
・服やアクセサリー、化粧品など肌に合うものを選ぶのが大変
・じんましんの薬が手放せず、飲み忘れると症状が出る
・病院に行って受診するころには跡形もなく消えている
 

病院へ行ったり、食事を変えたり、サプリメントを使用してみたけれども、改善されないじんましん…。
こんな毎日とさよならするために、内面からじんましんの体質を改善していきましょう!
アレルコアでは、あなたやお子様のアレルギー体質に真剣に向き合い、一緒に改善していきます。

 
 

じんましん(蕁麻疹)とは?
 
じんましんとは、皮膚の一部が突然かゆみとともに赤くなって盛り上がり、しばらくすると消える、といった症状を繰り返す病気です。
「湿疹とはどう違うの?」と思われる方がおられるかもしれません。痒みを伴う点はどちらも一緒ですが、じんましんの場合、湿疹と違って患部がカサつくことがなく、皮膚の一部がふくらみ、しかも短時間で消えるという様子から湿疹と区別することが出来ます。
 

じんましんが起こる原因とは?
 
じんましんが起こる原因としては、大きく分けて二つあります。それは、アレルギー反応によるものとアレルギーとは異なる原因のものです。

1.アレルギー性のじんましん
アレルギーの原因物質が、食べ物や肌などから体内に入り込むと、それに対してアレルギー反応が生じます。じんましんの場合、体の中の細胞から出されるヒスタミンという物質が皮膚の血管を拡張させ、血液中の水分を血管の外に浸み出させるため、皮膚が赤く腫れあがります。ヒスタミンはかゆみも生じさせてしまいます。このような理由から、赤く腫れたり、かゆみを出すじんましんが生じます。

[じんましんの出るきっかけ]
・アレルギー原因物質を食べ物などから摂取してしまったとき
・保湿剤やハンドクリームを肌に塗ったとき
・食べ物 (魚介類、肉類、卵、乳製品、穀類、野菜、食品添加物)
*特に、小麦、ソバ、乳製品、卵、落花生は、五大アレルギー成分といわれています。
・植物・昆虫など
蕁麻(じんま)、ゴム、ハチなど
・薬剤 (抗生物質、解熱鎮痛剤、咳止めなど)
※このうち、薬剤が原因で起こるアレルギー性じんましんは、重篤化する可能性もあるため、早めに病院を受診しましょう。









 

2.非アレルギー性のじんましん
暑さや寒さなどの皮膚温度の変化や日光などの紫外線、圧迫・摩擦などの皮膚への直接的な刺激などで生じるじんましんがあります。アレルギー性、非アレルギー性ともにじんましんが出る場合には、皮膚における血管・血流が大きく関わっています。

アレルギー性のじんましんであれば、原因を探り出して、触れたり摂取しないように気を付ければ、発症を避けることができます。しかし、非アレルギー性のじんましんの場合はいつどこで発症するか分からないので、抗ヒスタミン剤をいつも持ち歩いているという方も多いでしょう。

非アレルギー性といっても、アレルギー体質の方に多くいらっしゃいますので、アレルギー性と非アレルギー性が混在している患者さんもおられます。じんましんの出るきっかけが異なるという認識で良いかと思います。

※どちらも疲労が溜まっている時や心身のストレスが強くかかっている時にはじんましんが出やすいです。
※女性の場合、ホルモンの関係で生理前に出る方が多い傾向があります。


じんましんに悩まない毎日のためには、薬で抑えるだけではなく、体質からの根本改善が必要になります。

[じんましんの出るきっかけ]
温度差:入浴後、寒い屋外に出た時(屋内に入った時)
摩擦:服やネックレスなど
圧迫:ハンドバックやものを抱えて持った時、寄りかかった時
ストレス:身体的ストレス、精神的ストレス、疲れなど
発汗:運動や入浴、緊張などによるもの
 

アレルコア独自のじんましん体質改善プログラム
 
じんましんを改善させるためには、血液の流れの偏りを修正する必要があります。血圧のコントロールを含め、自律神経の調整が必要不可欠です。
じんましんがよく出る体の部位に近いところの血管・筋肉・骨より施術を進めていく場合が多いです。
温度差や圧迫刺激に耐えられるように自律神経の走行に沿って、神経への施術も進めます。

これらを通して、じんましんの症状が出にくい身体を作っていきます。