お気に入り

カート

メルマガ

シェア

鍼灸で不妊から難聴まで。完全予約・一対一で丁寧に対応。

はりきゅう今泉治療院

2020.07.20

足の痛みとシビレのハリ治療|坐骨神経痛、椎間板ヘルニアなど|郡山市久留米 はりきゅう今泉治療院


郡山市久留米 はりきゅう今泉治療院の今泉洋平です。

今日は「足のシビレと痛みに、ハリ治療が効きます」という内容です。

前に公開した記事ですが、まだ読んでない方へ向けて再び公開しました。

「足のシビレと痛みで困っている」

「足のシビレには、ハリ治療が効くの?」

「足のシビレでハリを受けてみたいけど、よく知らないから不安」


という方は、ぜひご覧下さい。


   


【1.はり治療が効く足のシビレ・痛み】

 
「足のしびれにハリ治療は効くの?」

「足のしびれ」を引き起こす病気や怪我には、さまざまな原因があります。

足のシビレ全てに対して「ハリ治療は効きます」とは言えませんが、ハリは多くの「足のシビレ」に効果的です。

はり治療で対応できる「足のシビレと痛み」の具体例を8つ挙げます。

 

①脊柱菅狭窄症

加齢に伴って起こる神経痛です。

加齢によって、背骨にある神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されます。

初期の頃は、はり治療で症状が改善しやすいです。

②椎間板ヘルニア

背骨は「円盤状の骨」と「軟骨でできたクッション(椎間板)」が、縦にハンバーガーのように積み重なってできています。

クッションである椎間板が傷んで、すぐ隣の神経を圧迫して神経痛が生じます。

治療回数を要しますが、ハリで症状が改善されます。
 
③梨状筋症候群

梨状筋というお尻の深部にある筋肉が、神経を圧迫して生じる神経痛です。

ハリ治療で梨状筋をほぐすことで良くなります。
 
④坐骨神経痛

お尻、太もも裏側、ふくらはぎ~スネの外側、足の甲あたりに痛みやシビレを感じます。

坐骨神経痛を引き起こすのは、上で書いた「脊柱菅狭窄症」「椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」があります。

原因に応じてハリ治療の場所を変えます。

⑤大腿神経痛

これも原因ではなく、症状名です。

大腿神経の分布する場所の神経痛です。太ももの前側にシビレや痛みを感じます。

椎間板ヘルニアなどで、この症状が生じます。

大腿神経痛は、ハリ治療で早く良くなることが多いです。

⑥絞扼性腓骨神経麻痺

これは「足の甲の痛みやシビレ」を生じますが、実は「足首の筋力低下」のほうが多いです。

腓骨神経麻痺のせいで、足首、膝、股関節の不具合を引き起こしているケースも結構あります。

患者さん自身は「膝が痛い」「股関節が痛い」と仰っていて、こちらで「絞扼性腓骨神経麻痺」に気づいて、ハリ治療を行うということが多いです。
 
⑦足根管症候群

足の裏にシビレや痛みを生じさせるものです。

内くるぶしの後ろ斜めにある、足根管というトンネルで神経が圧迫を受けて起こる神経痛です。

足根管症候群もハリ治療で対応できます。
 
⑧モートン病

足の指先に神経痛を引き起こします。

これもハリ治療が効く病気です。
 
足にシビレや痛みをもらたす病気や怪我には、色々なものがありますが、概ねハリ治療で対応できます。
 

 


【2.はり治療が効かない場合】


「ハリが効かない足のしびれは?」
 
脊柱管狭窄症の場合

上に挙げた原因の中では「脊柱菅狭窄症」の場合、患ってからの年数が長い方は、はり治療が効かない方が多いです。

逆に、はじめて脊柱菅狭窄症と診断されて間もない方は、ハリがとても効くことが多いです。

初期の頃は、はり治療を積極的にためしてみたほうがいいと思っています。

脊柱管狭窄症ではない場合

鍼灸院を訪れる方だけで考えると、ハリ治療がよく効くことが多いのですが、「患ってからの期間」や「重症度」によっては、効かないこともあると思います。
 
患者さん側としては「これは効く」「これは効かない」とハッキリした方が分かりやすいのだと思いますが、なかなかハッキリ言い切れないものです。
 
「ハリによって、二度と良くならないダメージを受ける」というようなことはありませんので、ある程度重度の方でも「何回か試してみる」というのは良いと思います。
 


【3.何回で良くなる?】


「ハリを何回くらい受けたら、足のシビレと痛みは良くなるの?」
 

原因の種類、悪化度合い、患ってからの期間などにより、良くなる回数・期間が変わるので、一概に言えませんが、大まかに目安を示すと、
 
早いものは1~2回で良くなるものもあります。

時間がかかる場合も、多くは1ヶ月~1ヶ月半くらい、10回程度と思われます。
  


【4.ハリ治療で悪化しない?】


「ハリ治療を受けたことなくて不安なんだけど、ハリで悪化したりしない?」
 

脊柱菅狭窄症で長い期間患っている(5年以上)場合は、ハリのあとで調子が悪いときがあるようです。

ただし、ハリが「二度と回復しないダメージになる」とか「はり治療のせいで、病気が何段階か進んでしまった」ということはありません。
 
脊柱菅狭窄症以外では、ハリのあとで調子が悪いということは、今のところ聞いたことがありません。
  


【5.足のシビレにハリが効く理由】


「足のしびれになぜ効くの?」
 

ハリ治療の作用から

「神経を圧迫している筋肉を柔らかくする」

「神経の血流が増えて、神経の機能が改善する」

「傷ついている組織の回復が早まって、神経痛が早く治癒する」

というような理由でよくなると考えています。
 
原因に応じて「治癒につなげるには、どの作用を働かせるとよいか」を考えながら、治療をおこなっています。
 

 

 

【まとめ】

・「足のしびれ」を引き起こす病気や怪我には、さまざまな原因があり、はり治療は多くの「足のシビレ」に効果的です。

・「脊柱菅狭窄症」の場合、患ってからの年数が長い方は、はり治療が効かない方が多いです。脊柱菅狭窄症以外では、ハリが効かないケースはあまり経験がありません。

・よくなるまでの施術回数は、原因によって異なりますが、早いものは1~2回、
時間がかかる場合、多くは1ヶ月~1ヶ月半くらい、10回程度と思われます。

・はり治療によって「二度と回復しないダメージになる」とか「ハリのせいで、病気が何段階か進んでしまった」ということはありません。

・はり治療には「筋肉が柔らかくなる」「血流が良くなる」「傷ついた組織の回復を促す」という作用があり、神経痛が改善します。
 
 
  

【予約制|電話とネットで予約受付】
 

お電話の受付は、8時30分~20時(日曜は18時まで)です。

0120-913-728

 

ネット予約は24時間受付。空いている時間帯を選ぶだけで簡単です。

ネット予約


 


【はりきゅう今泉治療院について】

 

診療曜日:月・水・木・金・土・日

 

休診:火曜日

 

受付時間:午前8時30分~午後8時(日曜 午後6時まで)

※受付終了時刻に治療を開始できれば大丈夫です。

治療院の場所:郡山市久留米5-111-34

 


はりきゅう今泉治療院について、詳しくは当院についてをご覧下さい。

 
 

はりきゅう今泉治療院では、FacebookやTwitter、LINE@でも情報発信しています。

Facebookページ

当院のLINE@

当院のツイッター
 
 
  • はりきゅう今泉治療院

    はりきゅう今泉治療院

    ハリキュウイマイズミチリョウイン

  • 〒963-8846 福島県郡山市久留米5-111-34

    TEL:0120-913-728

  • 詳しく見る

NEW新着記事

TEL:0120-913-728

INFOインフォメーション

CATEGORY記事カテゴリ