画像1

ジムは2階です!階段を上がっていただいて、2階にございます。

画像2

いつも元気なコーチ陣です。

画像3

別室に、更衣室・シャワールームも完備してます。シャワーは1回100円(税別)です。


 

ぐるっとリンク

 福島県で唯一の爬虫類専門店です!皆さんのイメージとはちょっと違ったエキゾチックアニマルの世界を是非観に来てくださいね!
福島県で唯一の爬虫類専門店です!皆さんのイメージとはちょっと違ったエキゾチックアニマルの世界を是非観に来てくださいね!

新着情報

2020.07.29

病的に痩せてもそれがキレイとは限らない

おはようございます。しんごコーチです★

昨日、会員様との会話で「体重じゃないってことがわかりました」ということを言って頂けたので、そのことについて書いてみようと思います。

その会員様は10キロ痩せて喜んでいたそうですが、親や友人から「痩せたね!」とは言われたものの二言目には「やつれてるよ?頬がコケてるよ?病気じゃないの?休めてる?」と心配されたそうな。

もちろんジムで言っている食事や週三回を徹底して守って頂けた結果なので当然と言えば当然なのです。

ただ、ここでわかるのは「自分が思っている体重と周りから見た健康的に痩せた体重にはギャップがある」ということです。

「20代前半の頃のように肌に張りがある訳ではないので、キレイに痩せるということをしないと」と改めて感じたその会員様は2キロ増やしたところ・・・

体重を増やしたにも関わらず今度は「痩せたね!キレイになったね!何してるの?」と以前とは違う言葉を掛けて貰えるようになったなと実感できたそうです。


一歩間違うと頑張ろうとしない人の「あんまり急に痩せてもダメらしいよ」と短絡的な言い訳に使われてしまいがちなので、ダイエットである程度結果を出した上級者向けのことではありますし、、、まだまだ贅肉が沢山ある会員様においては「いいから痩せろ!!」という話なのですが。。。

結果を出してる会員様限定で言えば・・・

この状態は下記のようなことが言えます。

年齢を重ねて肌に張りが無くなる

でも脂肪が有ったから張りがあったように見えていた

脂肪が減った

たるみが目立つようになる

周りは病気や疲れを心配した

途中で周りと自分のギャップに気付いた

食事を見直して、筋トレをして筋肉をつけた

張りが出てキレイ&健康的になったねと言われるようになった

体重という数字だけを追っていくと、いや痩せたって言ってもさ・・・ほうれい線バッコーンと出てきたじゃん!!

そんな感じになってきてしまいますので、この会員様は自分で気づいて修正して頂けたというのが本当にNICE判断なポイントなのです。


・・・体重という数字で痩せる=キレイという訳ではないのです。

目標達成には数値化が必要だ!なんて言われることがあって、それがダイエットにもそっくりそのまま適用されて→ダイエット=数字みたいなことになっておりますが。。。

俺のジムの見解ですと、それが出来るのは数字を管理しなければいけない職種の人が多い傾向にありますが、それでもやはり自分がなりたい姿やスタイルが明確な人が数字との相乗効果によってなりたい自分になっているというのが1つ。

数字とは関係の無い職種の会員様でも、なりたい自分像が明確な会員様は結果を出しているということは、数字はあくまでもエッセンス的な要素で大切なのは自分がどうなりたいか?なのだなとわかりますよね。

数字数字数字となれば楽しくないですし、ダイエットにおいてはダイエット=数字(落ちた体重)と簡単につなげるのはよろしくないのです。

だーかーらー俺のジムは普通の体型になりましょうと言っているのです!!!

そんなことを会員様から気づかせて頂きました★


PS

次の会員様募集の際のキラーフレーズは「周りが心配しちゃほど痩せちゃう俺のジム」に決定しました!感謝!!★笑





































..

 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと郡山は一切の責任を負いません